このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: しじみ ★ 2017/04/11(火) 09:25:39.39
    NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主人公、
    井伊直虎は、今川方から井伊家に入った井伊次郎だったと幕末に記した史料が新たに見つかり、
    井伊美術館(京都市)が10日、発表した。
    ドラマ上では、井伊直盛の娘「次郎法師」が直虎を名乗っているが、
    同美術館は直虎・男説を補強する史料としている。


     昨年も、別史料から直虎は今川家重臣の息子・井伊次郎だったと発表していた。
    同美術館によると、直虎の名前が書かれた文書は「次郎直虎」と書かれた
    永禄11(1568)年の書状だけで、今回が2例目という。


     新史料は、井伊家の家臣に伝来した「河手家系譜」。
    文政13(1830)年ごろにまとめられ、幕末に加筆された。
    加筆部分で「井ノ直虎」は「次郎也」とあり、
    「今川之物也」と説明。次郎法師は直盛の娘との記述もあった。


     永禄11年、徳川家康が井伊家の本拠地だった遠江(静岡県西部)に侵攻した際
    「直虎は花沢(焼津市付近)に逃げる途中に討ち死にした」と最期の様子も記していた。


     大河ドラマの時代考証を務める小和田哲男静岡大名誉教授(戦国史)は
    「幕末の二次史料ながら、河手家系譜の『この次郎は御家にあらず。今川のものなり』と、
    『井ノ直虎』の横に朱字で『次郎也』とある部分は注目される。
    史料紹介なり論文の形で公になった時点で検討したい」とコメントしている。

    産経ニュース
    http://www.sankei.com/life/news/170411/lif1704110008-n1.html

    【井伊直虎「男説」新たな史料 幕末に記述「今川方の次郎」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: アルゼンチンバックブリーカー 2017/04/14(金) 19:06:17.08 
    vinyljapan @VINYLJAPAN
    緊急の御知らせ
    Ian McCulloch本日の公演に御来場いただく予定の皆様へ。
    米国と北朝鮮の間で武力衝突があるというニュースを受け、Ianとマネージャーは無許可で日本から出国していることが判明いたしました。
    本日の公演はキャンセルせざるを得ない状況となってしまいました。

    17:33 - 2017年4月14日
    https://twitter.com/VINYLJAPAN/status/852801866576429057


    no title


    イアン・スティーヴン・マッカロク(Ian Stephen McCulloch、1959年5月5日 - )は、イギリス・リヴァプール出身のミュージシャン。
    ロックバンドエコー&ザ・バニーメンのボーカリストとして知られる。

    【イギリスのロックミュージシャン、北朝鮮の武力衝突を恐れ日本から出国&公演キャンセル】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: パイルドライバー(東京都) 2017/04/12(水) 19:49:49.74
     テレビの情報番組やワイドショーをつけると、様々な肩書きの「コメンテーター」たちが政治から芸能ニュースまで
    アレコレと意見を述べている。しかし専門的でもなければ意外性があるわけでもない、どーでもいい“うす~い”
    コメントばかり聞かされて、視聴者もいいかげんウンザリしてきているのではないだろうか。

     舛添要一・前東京都知事の問題以降、情報番組やワイドショーでは政治を扱うことも増えている。ところが、
    「森友学園」問題では、取材は菅野完氏のようなフリージャーナリストに頼るばかり。

     スタジオではコメンテーターたちがわいわいと騒いでは、「国有地払い下げ」への関与が疑われる政治家、
    国有地を売却した近畿財務局や、小学校設置を認可した大阪府などにはあまり向かずに、籠池泰典・前理事長を
    批判したり茶化したりするような発言ばかりが目立った。

    (中略)

    “素人代表として必要”との声もあろうが、保育所の待機児童問題を取り上げた『スッキリ!!』(日本テレビ系)では、
    “2児の母”の松嶋尚美が、

    「(収入が)大丈夫な層からは月2000円でも3000円でも上げて、先生たちのお金に回すことができないのかな」

     と発言したことが、所得によって保育料が変わる制度を知らないまま意見していると批判を呼んだ。本当に彼らが
    素人代表と言えるのか。

     そうした日本の番組は外国人からは奇妙に映っているという。英字サイト「トウキョウ・リポーター」のブレット・ブル
    編集長もこう話す。

    「政治や経済ニュースを扱う番組にコメディアンが出てきたり、経済専門家が芸能ニュースにコメントしたりするのは、
    欧米では受け入れられないでしょう。

     米国では、ニュースにしっかりとした分析を提供するために、コメンテーターは基本的にはその分野の専門家が担当する。
    そうすることで視聴者はニュースを正しく、深く理解できます」

     では“専門家”にコメントさせればいいかといえば、そうならないのも日本のテレビの不思議なところ。森友問題では、
    「専門家」として政治ジャーナリストや政治評論家たちも登場したが、こんな違和感があった。
    http://www.news-postseven.com/archives/20170412_509024.html

    【日本のテレビに素人コメンテーターって必要なの? 外国人には奇妙に映る】の続きを読む

    このページのトップヘ